« せせらぎ街道~開田高原 | トップページ | VX-8をバイクで使ってみて② »

2009年11月 7日 (土)

VX-8をバイクで使ってみて①

先日のBMOJツーリングの時から、ブルートゥースによるVX-8とB+COMを使い始めた。

なかなかやっかいな問題とかもありそう・・・

BTについて、スタンダード側の取説が、あまり詳細でないので、1回使っては、「あれぇ~?」ということがあり、後手後手の対応となってきている。

今のところ、BT接続時の致命的な問題として、
本体PTTでは、ヘッドセットMICと本体MICの両方がONになるのである。

一部情報では、STEREOではなくMONOでつなぐと本体MICがきかなくなるかもといったこともあるようだが、ステレオかどうかは譲れないところ・・

まずは、外部PTTで試したいのだが、外部PTT用コードを店の人が間違えたので、今は手元にない。適合品が届き次第、いろいろ試し、うまくいく方法を探し当てたいものだ。

ということで、まずは、Listenのみの話・・・

まず、B+COMの203の方を使っているため、VX-8とつないだ時点で、ビーコムの機能は、すべて占有されてしまう。

【B+COM203とVX-8の接続】
説明書通りで、問題なし。
VX-8側のパスキーを「0000」に設定し、ペアリングすれば、以降はどちらからSWを入れようが、勝手につながってくれる。

BTの設定は・・
VOX  : PTT
MODE  : STEREO
SAVE   : OFF
POWER: ON

BT接続されると、SPから音が消え、ビーコムのSPからのみ音が鳴る
(ラジオにしておくとわかりやすい。またはBTマークでわかる)

【問題①】

せっかく、B+COMにあわせて、BTウォークマンやウォークマン携帯を揃えたのに、1世代戻るFMトランスミッターのプレイヤーをつなぐこととなる。

使ってみたのは、IriverのH10と専用トランスミッター

Imgp8604

このプレーヤーとVX-8は、そこそこ近くないとノイズが入るが、この組み合わせの音質について、不満はない。

但し、VX-8をSTEREOモードにしている時で、MONOにすると、音質はぐっと下がる。

無線のListenと音楽のバランスは、このプレイヤーとVX-8本体それぞれのVOLでバランスをとることになる。

さらに付け加えて、VX-8単体の中に、無線とラジオのVOLを個別にコントロールできる。

プレイヤーの方のVOLは、ほぼヘッドホンで聴くときと同じくらいで、だいたいレベルバランスがとれる。

FM経由で聴いている音楽と無線の声との切り替えは、ストレスフリーでうまく行われる。少なくとも相手の無線の頭がきれることはない。

Imgp8588

純正GSタンクバックにはこんなかんじで収まるが、これでは一切の操作ができない・・・

この状態で、グローブ付けたままで、プレーヤーのVOLコントロールはできます。タンクバックの透明の上から、タッチセンサーをたたいてやると、VOL操作可能でした。

【発見①】
これまで、B+COMにつないできた機器では、BT接続した時点で、本体のVOLコントロールはきかなくなるのだが、VX-8については、BT接続後も本体のVOLが効いている。

【問題①】
VX-8は、ラジオ受信しつつ、A/B・2バンドの同時受信ができるのが売りだが、ステレオ(たぶんA2DP)モードだと、Aバンド受信はLのみ、Bバンド受信はRのみに入感してくる。どうしても無線機の音が小さめに感じるし、しょっちゅう左側だけになると、音楽にもどっても、右があまり聞こえないよう感覚になる。かといって、モノモードにはしたくない。

じゃあA/Bともに同一周波数で待てば・・・だめでした。。
Aが優先されるようだ。

そんなことはありません!A/Bそれぞれ個別にVOL調整ができるので、AとBと両方VOL揃えておけば、両耳からちゃんと聞こえます。

1バンドだと受信にすると、無線入感時にラジオから無線に切り替わらないし、送信できない。(この部分はもう少し研究の余地はありそう)

【問題②】
ステレオモードだとビーコムのメインボタンによるPTT操作が行えない。ただこれ自体は、ビーコム203のSWの操作感がもともとよくないので、実質は問題なし。

【問題③】
VX-8をBT接続すると、バッテリーの持ちが極端に悪くなる。また、問題②の理由で、どうしても無線のVOLを大きめにしてしまう。

無線機もプレイヤーも両方予備バッテリーをもっているが、どちらも一日中はもたない。プレイヤーの方は、B+COM用充電器で追充電できそうなので、無線機のバッテリーの持ちをまずは考える。バイクからの電源は、また新たな問題がでそうなので、最善の策を見つけてからの段階での作業としよう。

【問題④】
送信者によって、モジりの大きさが違うため、VOLは結構頻繁にさわりたいが、音楽とのバランスをすぐ変えにくい状況では、やや不便。

これも、ダイヤルをVOLモードにしておくことで解決!

【Listenまとめ】
・切り替わり感、STEREOモードでの音質についてまず満足。
・STEREOモードで無線の声を両耳から聞こえるようにしたい。

ステレオで音楽聴き、両耳で無線きくことできますので

※送信側もひとくせあって、追々検証することにしよう。

|

« せせらぎ街道~開田高原 | トップページ | VX-8をバイクで使ってみて② »

無線関係」カテゴリの記事

コメント

ブルーベアさん

情報ありがとうございます。
う~ん~!
ブルートゥースにこだわって、わざわざ割高の
VX-8にしましたので、なんとか最初のイメージ
通り使えるようにしたいものです。

というか・・・実は、致命的な問題は解決しました。
すべては、変換コードの購入ミスが原因ともいえます。
あと・・少しで、満足のレベルです。

詳しくは後ほどUPします。

投稿: たーぼっく | 2009年11月 7日 (土) 14時04分

おはようございます。
たーぼっくさん、無線を持っていない私がおこがましいですが、
たーぼっくさんの場合、中間アンプ利用もありではないでしょか?
よかったら参考にしてください

http://ktel.jp/SHOP/DF1011.html
http://www.sankyo-tm.co.jp/bike/hontai/df-1011.html

投稿: ブルーベア | 2009年11月 7日 (土) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VX-8をバイクで使ってみて①:

« せせらぎ街道~開田高原 | トップページ | VX-8をバイクで使ってみて② »