« VX-8取り付け具合 | トップページ | そういえば忘れてた・・・ »

2009年12月 4日 (金)

FMトランスミッターのプレーヤー

無線VX-8は、FTM-10と違い外部入力端子がない。

音楽プレーヤーを聴くには、FMで飛ばすしかない。

選択肢は2つ

①FMトランスミッター付きのプレーヤーを使う

②ミニゴリラ530DTの標準機能でSD音楽をFMでとばす

今は、ずっと①を使っている。
使っているのは、かなり古いIriverのH10というやつに純正専用FMトランスミッターをつけている。

ミニゴリラのSDスロットは、事前に作ったルートの吸い出しに使っている。音声案内はあんまり必要ないし、VOLあげるとなんとなく聞こえる。ただし、信号待ちで、案内音声がなると、隣の車から振り向かれる時がある。

IriverのH10をタンクバックのPDA入れに入れているがこれがなかなかいい具合になっていることがわかった。

Imgp8588

H10上の黒いところが、FMトランスミッター部分で、万一周波数で混信があると、▲▼のぽっちりを押せば、すぐに変更できる。

Imgp8604

iriverロゴの下の黒いところが、VOLや曲選択ができるタッチセンサーなのだが、なんと上のようにタンクバックにいれてる状況で、グローブした手で、コンコンとたたいてやると、VOL調整が簡単にできるのである。

CDの種類とか、取り込みフォーマットの違いによって、音楽プレーヤーの中でも音の大きさが若干違う場合があるので、非常に便利である。

これも、ささやかなことだが、ちょっと感心して、うれしかった!!

|

« VX-8取り付け具合 | トップページ | そういえば忘れてた・・・ »

無線関係」カテゴリの記事

ナビ/マウント/電子機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FMトランスミッターのプレーヤー:

« VX-8取り付け具合 | トップページ | そういえば忘れてた・・・ »