« もうすぐOA! | トップページ | KLAN partⅡ »

2010年1月22日 (金)

レーダー探知機

今日、バイク用品店に寄ってみたら
サインハウスから最近リリースされた
バイク用高級レーダー探知機があった。

それ以外にも、バイク用(防水or滴タイプ)がいくつかありました。

いいなぁと思いつつも、かなり高価なので
コストパフォーマンス的に購入には至りません。

で、思い出した!

前に車で使っていたのが、1つ余っているはず。。

帰ってから、ゴソゴソと探してみると
ありました

Imgp8958

ユピテルのGV-300DWというモデルで、
購入当時は、フラッグシップモデルだったような・・・
GPS付、ソーラー充電付、12V電源or内蔵充電池
というそこそこのスペックです。

Imgp8959

ところが、かなりゴツイ!
車のフロントガラスへの吸盤と
サンバイザーに取り付けできるタイプで、
2種類のステーが付いています。ただ・・
大きさ、重さ、そして厚みがありすぎ・・

どうやって付けるかは、これからボチボチ考えるとして
それより電源が入るかどうか・・・

POWER_SWを入れてもうんともすんとも言いません。

とりあえず手っ取り早く、車のシガーソケットに
つないだら、ONできました。

ちなみに、車の方は・・・・

Imgp8947

同じくユピテルRW919siというモデルです。。
この世代になるとSDカードによる
GPSデータ更新機能があるのですが、
そんなの割高でやってられません。

Imgp8956

両端の青く光るところが気に入っていたりします。

この手のレーダー関連機器は、
ほんとうに回転が速く
あっという間に、新型が次々出てきます。。

【ユピテルの改善してほしいところ】
アラームと音声の音量のバランスを調整できないので、音声がそこそこ聞き取れるVOLにすると、アラームがうるさすぎ!車用のは、音声しか出ないモードで使用しています。
あと、せっかくSDカードでGPSデータ更新できるのに、割高です。毎月更新データなどいらないので、更新を年2回くらいにして、3年間で今の1年分くらいの契約料にならないのでしょうか。

またまた別方向に・・

さて、電源入ることが確認できたGV-300DWの方ですが、その後、電源を抜いてバッテリー運用にしてもOKでした。

となると・・・
12Vの電源は取らずソーラーパネルの充電で行くためには、持ち出す時に満充電の状態にしておかないとバッテリー切れになります。

で、充電器を探すことに・・
DCinはそのまま12Vがさせるタイプです。

昔RCやっていた時のTDKの安定化電源があったはず・・

Imgp8960

かなりでかいのがあった!
シガーソケットのメスもあったので、
とりあえず、充電することができました

と・・ここでまた問題発生!
本体には何やら小さいSWがいっぱいついているのですが、その取説が見あたりません。う~ん!
とりあえずユピテルのHPを見ると・・・
ちゃんと*.pdfで取説がありました。
だいたい10年くらい前のモデルまでは
ほとんどファイルで取説がありました。

【ナイスユピテル!】
製造から7年め、2年間ほりっぱなしでもちゃんと電源が入りました。バッテリーも死んでなかったのは、たまたまかもしれませんが、いい製品を作っているのだと思いました。それに旧モデルもそのほとんどに対して取説がHP上に準備されている企業姿勢は好感が持てます。それだけに、先の2点は残念です。改善してくれれば、次にもしも!買い換える時は、またユピテルにするのですがね。。

【バイクへの取り付け】
なかなかイメージが沸いてきません。
ゆっくり考えていくことにします。
内蔵バッテリーを外すとかなり軽くなるので
結局外して、両面テープ+ベルクロでの
取り付けが楽でいいかもしれません。
でもこの場合、
12Vのコードを配線するのが面倒になります。

しかし、ハンドルやメーターまわり
ゴチャゴチャしてきた・・・
こういう事からも解放されるのでこそ
バイクに乗るねやんか!
という方からすると、
周辺機器が増えていくことは
なんともナンセンスなことかもしれません。。

|

« もうすぐOA! | トップページ | KLAN partⅡ »

ナビ/マウント/電子機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レーダー探知機:

« もうすぐOA! | トップページ | KLAN partⅡ »