« ツアランスEXP | トップページ | リコール »

2010年4月 4日 (日)

MudSling取り付け

午前中、少し時間が取れたので、取り付けました。

いきなりですが、次時間ある時に、やり直しすることにしました。
今回は、その失敗分も含めての取り付け編です。

Imgp9262

Imgp9263

元々のサスペンションガードをはずします。
8mm六角ボルトが3つで、簡単に外れます。
ラチェットの少し長めのアダプタがあると便利です。

停止状態では、MudSlingとサスペンションガードは干渉しないのですが、サスがストロークするとやや干渉するらしく、はずしました。

※取り付けはすんなり終わる予定でしたが、この穴に元のボルトをはめるのに、少し時間かかりました。

というのも・・・・

Imgp9333

サスペンションガードの後ろ2本のところが、このガードの厚みがあって、そのまま元のボルトをはめると、実際にはボルトの段差でうまく止まるのですが、少し浮いた感があります。

別に気にしなくてもいいのですが、見えないところもこだわりたくなり、ボルトネジの段差とツライチになるスペーサーを作ることに・・

Imgp9260

このプラスティックと紙のあいのこのようなファイバー製ワッシャーをつかいますが、穴の径と外径でいいものがなく、穴を広げるか、大きめのものの周りをカットして小さくするか、両方試したところ、穴を広げるのは不可能でした。

Imgp9261

で、まわりをパッチンパッチンとニッパーで切りました。
これだけ細くなっても強度的にはしっかりしています。

Imgp9264

こんな感じで、結局1本に対して5枚でツライチでした。

Imgp9265

自作簡易スペーサーでボルトを付けたところです。

Imgp9266

横から見ると、スペーサーがでこぼこですが、変な隙間感はなくなりました。

Imgp9267

サイドはスペースに問題がないので、市販ワッシャーそのままです。

※ここまでの事は、おそらく機能上全く必要ありません。ほんとうに気のもんです。元々のプラスティックカバーと同じ厚みをかまして、ボルトを止めたかっただけです。これに1Hほど費やしてしまいました。

いよいよ取り付けですが、下準備・・・

Imgp9268

フレームがインシュロックとMudSlingそのもので、キズつかないことと、走行中カタカタと音がならないようにするため、薄手のゴムをフレームに巻き付けます。ゴムはホームセンターに売っている厚さ0.3~4の薄手のもので、ゴムはテープで留めていますが、MudSlingでテープ部分は隠れるようにしています。

Imgp9269

MudSlingの方は、取説にクッション等で隙間を埋めるようにと書いてあったので、これまた薄手のクッションシールを貼ってみたのですが・・これが次回やり直すところです。これで裏側に水とかが、たれることがなくなるとは思いますが、このままだとクッションとMudSlingの先のわずかな隙間に泥が溜まるかもしれません。

Imgp9273

リアフェンダー裏側の取り付け写真ですが、段差を埋めるためのクッションテープが、やや奥目になったので、後日きっちり端っこでクッションシールを貼り直します。(カッターで曲線切るのが面倒くさかったのですが、ちゃんとやっていればよかった

Imgp9271

横から見るとこんな感じです。私はサイドカバーを付けるので、これぐらいの見栄えで問題ないのですが、このままの場合は、透明のゴムと透明のインシュロックの方がいいかもしれません。

Imgp9274

Imgp9275

サイドカバーを付けると、MudSlingが付いているかどうか、パッと目にわからなくなりました。狙い通り、縁の下の力持ち的な部品です。

Imgp9270

気になるサスペンションとのクリアランスはこの程度です。

タイヤとサスペンションの隙間は均等で、写真奥(車両右)のスイングアームとのクリアランスも問題なかったです。

ちょっとこだわってしまって、30分で終わるものが、2Hほどかかりました。そして、もう1回やり直し・・・でも、こういう作業自体はきらいじゃないので、苦になりません。でもMyガレージなら今からでもできるのに・・その部分はやはり悲しい環境です。

|

« ツアランスEXP | トップページ | リコール »

オプション(車体装着)」カテゴリの記事

コメント

ブルーベアさん

隙間見てみると、今のスポンジシールでは、
やや厚みが足りないかもしれません(;_;)
どっちみちやり直しですわ!

投稿: たーぼっく | 2010年4月 5日 (月) 12時38分

隙間はきになりますね・・・・(;一_一)

わたしも、インナーフェンダーとの隙間はスポンジシートで塞いでいます。

耐久性は心配ですが、メンテも兼ねて定期的の張り替える予定です・・

投稿: ブルーベア | 2010年4月 5日 (月) 08時20分

とうちゃんさん

六角ボルトはそれで全く問題ないですよね。
私のは単なる「こだわり」ですから。。。
今回到着した物は、HPの取説以外に
補足説明書が付いていて、
場合によっては
・サスガードはずすこと、
・クッションテープ貼ること
が追記されていました。

投稿: たーぼっく | 2010年4月 4日 (日) 23時50分

バイク好きasuさん

自分での取り付け作業は、
部品の取り付けだけでなく、
バラした時にしかできない掃除ができることが
特にいいのかもと思ったりします。
最近1つのこと完成するのに、かける時間は同じでも
かける期間が長くなってしまって、困ったものです。。

投稿: たーぼっく | 2010年4月 4日 (日) 23時46分

私の場合、六角ボルトは、スペーサーも付けず、そのまま締めました。(笑)
元々のリアフェンダーの隙間も「両面テープで、埋めりゃ良かった。」と
思いながら、そのままです。(爆)

投稿: とうちゃん | 2010年4月 4日 (日) 23時39分

これだけ目立たないように取り付け出来ればグッドですね。
実際の雨天走行で水しぶきの跳上げが軽減できるのは、バッテリーやサスペンション周りの汚れが付かなくて洗車が楽そうですね。
もう一度やり直しして完璧を目指すのは大変だけど、弄っている時が一番楽しいから苦にならない気持ち同感です。追加レポ楽しみにしてます。

投稿: バイク好きasu | 2010年4月 4日 (日) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MudSling取り付け:

« ツアランスEXP | トップページ | リコール »