« いよいよタイヤ交換? | トップページ | 時が経つと・・・ »

2010年4月 1日 (木)

大リーグボール養成ギプス

もう4月です。月日の経つスピードが年々上がって来るように感じます・・

さて、同世代か上の方は、皆よ~くご存じであるかと思いますが、マンガ巨人の星の主人公である星飛雄馬が幼少時代、速いボールを投げれるようになるために使っていたもの。

今のバイク生活で、リターン後最初の約2年半のタンデムが、まるで、自分にとっての「大リーグボール養成ギプス」のような役目になっていたように思います。

そもそもバイクにリターンしたきっかけが息子とのタンデムであり、リターンして最初の2年半くらいは、タンデムで出かける頻度が全体の8割以上でした。その間にバイクは3台めとなり、GSも最初の1年は、ほとんどタンデムで出かけていました。

子供の成長とともに、タンデムもしなくなり、最近では1人乗りで、ついついクネクネ道を目指してしまうようになってきました。
停車時~走行時の全てにおいて、タンデムに比べて、ソロは、やはりなんとなく楽なものです。特にGSに乗り出した頃、息子の体重は75kgぐらいになっていたので、尚更です。

若い頃に、リッターバイクに乗っていたので、重さとか、スピードに違和感を感じることはなかったのですが、バイクの扱いということにおいて、このタンデムこそが、今思うに私にとって大リーグボール養成ギプスのようになって、大きいバイクを比較的に楽に扱えているように感じています。リターン後のバイクの大きさと息子の体重とが、ともに段階的に増していったのも、馴染みやすかったかもしれません。

只、GSというかBMWのすごいところは、タンデムとソロの違いが、「とても楽」ではなく、「なんとなく楽」というぐらいのレベルになるところです。
タンデム時一番つらく感じる下りのコーナーですら、苦にならないバイクです。

|

« いよいよタイヤ交換? | トップページ | 時が経つと・・・ »

その他(バイク関連)」カテゴリの記事

コメント

ブルーベアさん

今のバイク買うときにいろいろ見ましたが、
止まっている時点で、自分がタンデムシートに乗っても
BMWの安心感は別格でした。
それが、走ってライダー側から見ても
全然違いましたから、ほんとうにすごいバイクですね。
でも最近はソロが多いので、久々にタンデムすると
ちょっと不安かも?です。。。

投稿: たーぼっく | 2010年4月 1日 (木) 23時18分

BMWは、ほんとタンデム走行がらくですねえ。アフリカツインに時は、感じなかった安心感が有ります。
しかし、乗り下りは、気を使います。バランス崩したらまず立ちゴケは免れませんからね。
GSに乗り始めてた夏、娘とタンデムしていて、停めた途端に娘が下りてバランスを崩し立ちゴケしたことが有ります。
(T_T)

投稿: ブルーベア | 2010年4月 1日 (木) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大リーグボール養成ギプス:

« いよいよタイヤ交換? | トップページ | 時が経つと・・・ »