« VS-FUNminiをシューベルトへ・・ | トップページ | オイル交換 »

2011年1月18日 (火)

B+COMの連続通話テスト

バッテリーのへたりなのか、ペアリングのもつれなのか、切り分けののため、オールリセットしてから再度ペアリングし、通話状態でずっと置いておくテストをしてみました。

まず、オールリセットの方法は、ビーコムにある3つのボタンを全て同時に長押しします。
両サイドのSWが押しにくいので、両サイドを先につまんでからメインボタンを押してみたのですが、リセットできません。きっちり3つを同時押ししなくてはいけないようです。

リセットされれば、赤・青同時に1回点滅します。

それから、2台のペアリングをし、それぞれのマイクにオーディオのSPをくっつけて音楽で疑似双方向通話状態。

VOLはどちらも、MAXから5ステップ下げたところ

結果・・・

やはり、先日から不調だった方(ソロツーでよく使う方)は、3Hちょっとでダウンしました。もう1台は、片方がダウンした後パワーを切って、ダウンした方を充電してから、テスト再開すると5H以上持ちました。

3回同じことをしましたが、3回とも同じ結果です。

やはり、バッテリー交換なのですが、1台だけでよさそうです。。

213の次のモデルまでは203でいいかとも思っています。

先日のサポートの方の口ぶりが微妙でしたので・・

あと・・1つ前の記事で、常に満充電で保存としていましたが、これが大きな間違いでした。空の過放電はとてもよくないと思っていたのですが、特に夏場での満充電保存も容量低下を引き起こす要因となるようです。。

|

« VS-FUNminiをシューベルトへ・・ | トップページ | オイル交換 »

Bluetooth」カテゴリの記事

ナビ/マウント/電子機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B+COMの連続通話テスト:

« VS-FUNminiをシューベルトへ・・ | トップページ | オイル交換 »