« 舌の根も乾かぬうちに・・ | トップページ | どこかで見たような・・ »

2011年1月31日 (月)

しまった!「サインハウス・オーディオミクスチャーの仕様」

サインハウスのミクスチャーを使っていて、音楽の左右のバランスがよくないと感じている方は是非、最後まで読んでくださいね

これまで、ミニゴリラのステレオoutを音楽とナビ音声との兼用で、ミクスチャーのステレオ端子に入れ、レーダーoutをミクスチャーのLch端子につないで使っていました。

オーディオプレーヤーを準備してしまったので、サインハウス推奨の
音楽:ステレオ
ナビ:Rch(通常レベル入力)
レーダー:Lch(高入力対応)
へ変更すべく、
いろんなオーディオプレーヤーで、音質比べたり、どの段階のVOLをどう調整するといいか(機器をいっぱい経由して耳に音が届くので・・)、なんてやっていたら、気づいてしまいました。

個人的には気になるイヤな仕様に。

もっともといえば、もっともなのですが・・・・・・・・

AMPなしのミクスチャーの限界なのか・・
いやいや、レーダー音とナビ音をそれぞれLRに振り分けているその振り分け方の仕様がよくないのです。

どういうことかというと・・

現象でいうと、ミクスチャーLchにレーダー、Rchにナビ音をつなげ、ステレオラインにつないだ音楽をきくと、レーダー、ナビともに、何も音声を出していない時点、つまりその2機種をつないだ段階で、音楽のRchのレベルが低くなります。

少しややこしいですが、

サインハウスのミクスチャーの仕様で
・Lch:BTL出力の機器接続用
・Rch:通常出力の機器接続用
とあります。

BTLということは・・単純にいうと、出力が倍というか、でかいということなので、この音がでかい機器のOUTが入ってくるミクスチャーのLch入力側のどこかに抵抗が入っていると思われます。

方や、Rch入力側はそのような抵抗はついていないように思われます。

AMPの付いていないミクスチャーの場合、本線ステレオで流れているLRに、レーダーのL側、ナビのR側がそれぞれまざるわけですから、LRそれぞれが半分ずつ分かち合うことになります。
レーダーやナビの音量の大きさそのものの問題とは別です。

つまり、こうですね!

・Lch:音楽のL+レーダー音
・Rch:音楽のR+ナビ音

ということから・・
Lchは、BTL(レーダーの音声出力のタイプ)対応なので、その入力の抵抗によって、分かち合う割合が音楽の方が高くなります。
繰り返しますが、これは機器の音量のことではありません。
レーダー側無音時の場合でも同様の話です。
逆にRchは、音楽とナビ音をきっちり半々で分かち合うかたちになります。

その結果・・・
レーダーとかナビをつないだ時点で、ステレオラインで聴いている音楽のRchは半分のレベルとなり、Lchは半分の半分(とは限らないがだいだい)となります。

体感的にいうと、Lchのレベルダウンは、ほんの少しで、Rchはレベルダウンがはっきりとわかるものです。

とはいえLchも若干ではあるもののあるわけで、これまでRchは何もつなげていない状態で、なんとなく音楽のLchが小さめだと思っていたのですが、理由がはっきりわかりました。

ただ、この差は最初っからミクスチャーありきで使っていたら、もしかしたらわからないかもしれません。特にLchは微妙にレベルダウンなんで。。
但しRchのダウンは音楽聴いている時に、ナビ用入力を抜き差しすれば、すぐわかるかと思います。

対策としては・・・困ったものです

また搭載物が増えますが、ナビ出力のミクスチャーRch入力との間を抵抗入りケーブルで試してみることにします。
こうするとLchの入力と同じバランスとなり、結果的に音楽のLRのバランスがほぼ等しくなるでしょう。
さらに、レベルダウンもあまり感じなくなると期待します。

しかし、現在、手元にそういうケーブルがないので、テストは後日です。

それでもバランスがうまく行かないときは、ミクスチャーを開けて半田づけなのですが、防水仕様であるので躊躇しています。
あっもちろん!それは言い訳で・・半田ごてが苦手なんでです。。。

最悪、今のミクスチャーが無駄な投資で終わるのですが、AMP付ミクスチャーに乗り換えるかですね。。

とりあえず、手持ちのもので仮想実験です!

Imgp9964

音楽プレーヤーout:ミクスチャーのステレオ端子
ナビ音声out;ミクスチャーのRch端子

手持ちのものとしては・・・

Imgp9968

上がステレオ3.5mmの2分岐
下がステレオ→モノラル(L+R)3.5mmP-J

Imgp9965

ミニゴリラ(ナビ)outをステレオのまま2分岐します。

これをミクスチャーに抜き差しすると、音楽再生(ミクスチャーのステレオ端子)のRchのレベルが半減します。はっきりわかります。

ナビoutをLch(BTL対応byサインハウス)だと、音楽再生のレベルは変動しますが、若干下がるといえる程度です。

Imgp9967

次に、ナビoutを2分岐した後の1つをミクスチャーへ、
もう1つにイヤホン等を差すと、
先ほどの音楽再生中にRchのみレベル半減することが改善されました。
つまり、ミクスチャーLchに差したときのレベル変動と同じくらいになりました。

なので、抵抗入りケーブルでナビとミクスチャーRchをつなぐと、Lchにレーダーもつなぐことを前提とすると、音楽再生(ステレオ端子)のLRのバランスは同じになり、S/Nの低減も少なくなります。

あと、ステレオジャック(J)にモノラルプラグ(P)を差すだけだと、Lchのみの音ですが、ステレオ→モノラル変換をすることによりL+Rとなるので、若干レベルを稼げます。
とても、無駄なことのようですが、ナビoutをL+Rにしてから、2分岐(もしくは抵抗入りケーブル)で、ミクスチャー内でミックスされることによるレベルダウンを低減させるというやり方です。

この接続でも、なんとかナビ音は聞こえますが、ほんとうはもう2ステップくらい音量を上げたいところです。

★結論としては・・

この上の写真P-JですることをBTLで合成してレベルUPし、ミクスチャーLch入力に抵抗をいれると、音楽用ステレオ端子のLRバランスの変更は気にならないレベルになると思われます。
ミクスチャーのRch入力側に、一端BTLで出力する変換器があり、Lchと同じBTL入力対応という製品にすればいいのです。
これでは、コストと電源が・・ということであれば、Rch入力のところに、BTL対応か否かのSWを取り付けてくれればいいのです。

★この音楽の左右バランスの不具合は、サインハウスのHPにあるミクスチャー使用例の動画では反映されておらず、LRほぼ同じバランスで音楽が聞こえてます。。メーカーサポートが好感度いいだけに、とても残念に思うところです。

※この手の問題は、気にならない人も多いかと思いますが、1度気になってしまうと、どうしても気になってしまいます。

|

« 舌の根も乾かぬうちに・・ | トップページ | どこかで見たような・・ »

ナビ/マウント/電子機器」カテゴリの記事

コメント

ねんねんさんは、よくわかってらっしゃると思いますが・・
この現象は、ブルートゥースとかFMトランスミッタとかは
全く関係なく、有線で起こっています。

ミクスチャーの仕様が、単純にいうと
音楽用L/RそれぞれにY字ケーブルで
レーダーとナビをつないでいるようなかんじで
Lchのレーダー側だけ、抵抗入れてるために起こっています。

久々に茨の道を進んでおります。。

投稿: たーぼっく | 2011年2月 2日 (水) 00時30分

うーむ・・・じつにマニアックです。
私には何が何だかわかりません
これってブルートゥースだから起こる現象なのでしょうか?
それとも有線でも同じなのでしょうか?
奥が深いんですね

投稿: ねんねん | 2011年2月 2日 (水) 00時12分

ブルーベアさん

今回は確かにマニアックです。。
通常のLINE→MICレベルの抵抗入りケーブルでは
ナビの音が聞こえなくなんるので、
どうするか考え中です。。

投稿: たーぼっく | 2011年2月 1日 (火) 00時07分

いつもながらマニアックですね・・m(__)m

私は、たぶん気にならないほうです・・(;一_一)

投稿: ブルーベア | 2011年1月31日 (月) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しまった!「サインハウス・オーディオミクスチャーの仕様」:

« 舌の根も乾かぬうちに・・ | トップページ | どこかで見たような・・ »