« PDAホルダー比較 | トップページ | ノイズフィルター »

2011年1月15日 (土)

ビーコムのサポート

B+COMとVX-8で使用できる時間が短くなってきたので、213への買い換えか、203のバッテリー交換かのいずれかと思い、サインハウスのサポートに費用の問い合わせしてみました。

電話でのサポートの対応は、好感的でよかったです。

203のバッテリー交換の費用は、\6600(税抜)+送料\700(税抜)これに、こちらから送るときの送料がプラスというのが、総額とのことです。

なかなか微妙な値段設定です。
2台同時なら、もちろん送料は1つですが、特に2台まとめて価格はなく、1台につき\6600(税抜)は変わらず。

今の状況は・・・

・2~3H使っていると、ペアリングがはずれる。
ビーコムをON/OFFあるいは、VX-8をON/OFすると復活するが、また15分ほどで、はずれる。例え10分ほどでも充電してやれば、さらに2Hほどはつながって使える。

・ペアリングがはずれるのは、無線のTALKを済ました直後。

・使用頻度は2台を使いまわしているので、1台あたり月1回の使用。

・使用後は、必ず満充電で保存。

個人的には、バッテリーの容量がへたっているというより、電圧低下が起こっている現象のように思うのですが、サポートの方とこのようなことを話していると、その使用条件ではそんなにバッテリーがへたることもないとのこと。もしかしたらバッテリー劣化ではなく、ペアリング情報を一度リセットして試してみてから判断してみたらいいのではないかとのこと。

たしかに・・
元々タンデム通話用に2台買ったものの、ソロで出かけることが多くなっていて、まんべんなく使うために、いちいちペアリングをし直していた。。
つまり、携帯であったり、VX-8であったり、BT付ウォークマンであったり、ビーコムにつなぐ方の機器は同じなので、そういうことを繰り返すことに。。

なので、一度リセットしてみようと思います。

バッテリーの問題か、ペアリングの問題の切り分け方法としては、B+COMどうしを通話状態にして、どれくらい持つかで判断するのが、一番わかりやすいとのこと。

バッテリー新品で、室内でうるさくない環境だと、203の持ちは6~7Hとのこと。このテストで5H以上つながっていたら、バッテリー交換はやめ、2~3Hならバッテリー交換にするか213に買い換えるか、その時点で考えることにします。

ちなみに、使い終わってバッテリーが空に近い状態で放っておくと、そのまま過放電となり、極端にバッテリーの寿命を縮めるようです。

|

« PDAホルダー比較 | トップページ | ノイズフィルター »

ナビ/マウント/電子機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビーコムのサポート:

« PDAホルダー比較 | トップページ | ノイズフィルター »