« 宇甘渓 | トップページ | ハーフカバー »

2011年11月28日 (月)

岡山(宇甘渓~やまなみ街道~R429)

絶好のツーリング日よりの中、岡山の山間ルート快走ツーリングに行きました。

紅葉はちょうど見頃!

休日でも思いの外、道は空いていた!

朝の内寒かったが、日中は暖かい!

そんなツーリングの詳細レポです。。

■コース図

Course1

・中国道の院庄ICで降り、県道82~65

・中国戸落合ICを通り、県道30~R429~県道31~宇甘渓谷

・県道31~255~やまなみ街道という広域農道で津山へ



Course2

・津山~R429~千種高原方面~兵庫県道72~中国道山崎IC

大阪から中国道のコースは省略

高速:280km  下道:225km  トータル:505km

朝、いきなり予定20分遅れでの出発
(大人が遊びで遅刻は最悪です。。皆さんごめんなさい!)

Imgp6607

結果的に8時すぎ赤松PAに集合!

今回は、オレンジGSのにっしゃんさんと腹さん、シルベンチャーの水平さん、青GSのブルーベアさんとたーぼっく、この5台で、雲1つない快晴のもと、出発です。






Imgp6609

高速を小1時間走って、二宮PAで最初の休憩

ここまでの、佐用~美作間は、霧発生で、とても寒かった。。。

まさか、この先、雨?と一瞬不安になるほどの空模様だったが、二宮PAに着くと、やはり快晴であった!!






P1060220

院庄ICで降り、R179を少し北上、ここから快走ルート巡りのはじまり・・・






P1060223

県道82は一部狭路があるが開放的な快走路

県道30は流量たっぷりの川沿いを行く道だが、この区間で、カメラのバッテリー切れになり、写真なし

R429に入り、道の駅「かもがわ円城」で早飯

Sinano1

プレハブ作りとはやや予想外であったが、11時すぎの到着でもやや混んでいた。。






Imgp6613

チキンカツ丼という親子丼(意外においしかった!)

メニューが豊富で人気店なのか、我々が店を出る頃は、満席であった。






P1060234

道の駅から、あっという間に宇甘渓へ到着






1060241

それぞれ自分のバイクの前で記念写真





1060242

バイクそのままでひとだけ動いて2ポーズめ





Imgp6615

ここの名物の赤い橋のところも見たが、皆、紅葉を見て歩くというかんじでもなく、先へ進むことに・・・





P1060244

県道31号も気持ちよく走り、県道255号を快走!





P1060254

本日の走りのメインである津山までの広域農道

やまなみ街道という名前がついていた。





P1060251

がらがらの高野龍神といったかんじで、30kmほどの超快走路!

ずっと山の中を走るが、カーブばっかりではなく、直線区間も多く、走っている分には民家どころか、何もなかった。





P1060259

やまなみ街道の津山IC近くはフラットで見渡せる風景





P1060260

名前がおもしろかったので撮った。
もしかしたら、山側に向かって流れる川なのだろうか。。。





Imgp6620

せっかく津山なので、B1グランプリで有名なホルモン焼うどんをおやつに!

といっても、13時すぎ・・・





Imgp6619

後半走るR429沿いのところで、立ち寄ったのは鉄板焼き「よしむら」

こじんまりとした店だが、昼過ぎだからか5人すぐに入れた。




Imgp6616

ネギ焼き(いか・たこ入り)





Imgp6618

ホルモン焼うどん





Imgp6617

ここの名物であるホルモンオムレツ

おやつ?タイムも終了!

少し時間も早いので、このままR429で東に進み、ちくさ高原から山崎ICで帰ることに・・・

P1060267

R429は津山の市街地を抜けると、かなりの快走路!

はじめて走った道だが、最高に良かった!





Imgp6622

R429からほんの少しそれて、東粟越愛の村パークで、おみやげ&トイレ休憩





P1060273

兵庫県道72号に入るところ、15時すぎでこの陽の傾き・・

いつもの川沿いを快走して、山崎ICから中国道・・・





P1060276

加西SAで最後の休憩をし、そのまま中国道と六甲経由とに別れて、解散

めずらしく最初から最後まで、雲1つない天気に恵まれ、

久しぶりにしっかり走れ、楽しい1日であった!!

みなさんありがとう!また行きましょう!!

■赤松PA起点の高低差グラフ(横軸は時間)

Hl

朝の中国道は寒かったが、標高からするとR429の岡山と兵庫の県境付近が一番高かったようだ。

今回は、岡山ということで、前に行った牛窓のイメージがあり、そこそこ道が混んでいると思っていたが、実際このコースは、ほぼ全てがらがらであった。それに加え、終日快晴という好条件がそろった。

特にやまやみ街道と津山から東のR429が最高であった!

|

« 宇甘渓 | トップページ | ハーフカバー »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

腹さん

お忙しい時期にご参加くださりありがとうございました。
今回集まったGSは、色的になんとなくバランスがありましたね!

やはりずっとライダー、もと隼乗りってかんじで
ミラー越しに、余裕持って走っているかんじが
ひしひしと伝わってきました。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
あ!是非、無線もいっといてくだいね!

投稿: たーぼっく | 2011年11月30日 (水) 22時22分

たーぼっくさんを始め皆さん、楽しいツーリングをありがとうございました。

今回初めてご一緒させて頂きましたが、いいお天気の中で気持ちいいルートを楽しく走ることができ、充実した一日を過ごせました。

休みが不規則なので毎回ご一緒できないかもしれませんが、年中走り回ってますので、これからもよろしくお願いします。

投稿: 腹 | 2011年11月30日 (水) 17時24分

にっしゃんさん

お疲れ様でした!
こちらこそありかとうございました。
バーチャルで考えたルートをリアルで走る‥
これを繰り返してたら、地図を見てると道の様子がイメージできるようになってきました。
まあ、それがあってるかどうかは別なんですが。。

つぎにつなげる上でも
お土産は大切ですよね!
ただ私自身があまり地のものに興味ないので、
その面では愛想なしになりですいません。

投稿: たーぼっく | 2011年11月29日 (火) 11時49分

お礼が遅くなり申し訳ございません。
 今回もありがとうございました。
ほんと良いお天気でしたね。

今回のルートも完璧なバーチャルリサーチして戴いたおかげで最高でした。
ほんといつもハズレなしですね、
 次回もまた楽しみにしています、よろしくお願致します。

 いつも「お土産買わせて」ってお願いしてすいません。

投稿: にっしゃん | 2011年11月29日 (火) 10時54分

ブルーベアさん

お疲れ様でした。
なかなか走り応えもありましたね!

湾岸線は無事に乗れたのですが、
大阪港から阿波座まで工事渋滞でした。。
素直に中国道でよかったかもです。。

こちらこそ、またよろしくお願いします。

投稿: たーぼっく | 2011年11月28日 (月) 22時32分

お疲れさまでした。
湾岸線には上手くのれましたか?

ホント、いい天気で最高のツーリングでしたね!!
いつもながら楽しませていただきました。
また。宜しくお願いいたします。

投稿: ブルーベア | 2011年11月28日 (月) 22時21分

とうちゃんさん

最高のツーリング日よりとはこのことでした。。
天気いいだけで、満足度は大幅UPですからね!
電熱という魔法で、ベストシーズンはなんのなんの
これからでーす!

投稿: たーぼっく | 2011年11月28日 (月) 21時34分

雲一つ無く、最高のツーリングだったみたいですね。(^ ^)v
生憎、嫁さんが横浜、東京と旅行だったもので残念でした。(T.T)
そろそろ、寒くなって来て、ベストな季節も最後だったのかもしれませんね。
次回は是非!(^ ^;)

投稿: とうちゃん | 2011年11月28日 (月) 21時08分

おいどんさん

ご無沙汰しています!!
このコースは山ばかりでしたが空いてました!

ところで、最近はすっかりオフローダーになられたとか。。
雪降る前に、また快走ツーリング
ご一緒させてください!

投稿: たーぼっく | 2011年11月28日 (月) 20時44分

いいな~快適ルート 羨ましいです

投稿: おいどん | 2011年11月28日 (月) 14時30分

水平さん

朝の霧はちょっぴり心配しましたが、
一日中気持ちいい天気でしたね。

実は私自身はじめて走る道ばかりでしたが、
思いのほか道も空いていて尚よかったです。
またいきましょうね!!

投稿: たーぼっく | 2011年11月28日 (月) 13時26分

お疲れ様でした(^_^)v
一日中快晴ってほんま珍しかったですね
ターボックさんのルート作りは最高でした
また連れてって下さいね

投稿: 水平 | 2011年11月28日 (月) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡山(宇甘渓~やまなみ街道~R429):

« 宇甘渓 | トップページ | ハーフカバー »