« SOLAM H.I.D. DC46W H7  | トップページ | 準備品3の組み付け »

2011年12月21日 (水)

準備品1と2の組み付け

「次回は取り付け編です」と書いておきながら・・・

もうちょっと小ネタで、ひっぱりまーす!

ヘッドランプの防水キャップに別売のグロメット付きコードを取り付けます。

取り寄せた防水キャップに穴25mmφをあける。

Ncm_0065

中心位置に細めのドリルで穴を開ける。

Ncm_0066

今回使ったのは、木材にくぼみをつける自在ピットというものだが、いきなりこれを使うとピットのまわりがじゃまで、中心が見えにくいため、細穴をガイドにした。

P1060392

使ったピッドに対して、プラが意外に丈夫で、表裏両側からせめて穴あき完了!

バリをもう少しきれいにとるてできあがり。

25mmはセットとは別売の配線付グロメット#00058795を使用する場合。

同梱のグロメットに追加の穴をあけて流用する時は・・・

P1060395

だいたい14mmφの穴となる。

P1060371

H7のバルブに付いているコードのコネクタを一度ばらして、グロメットの穴に差し込み、ばらしたコネクタを元に戻す。

グロメットをはめて完成!

P1060396

キャップのTOPと書いているところが、取り付け時の上なので、それに合うようコードの位置を合わせる。(この写真はまだ位置が合っていない)

P1060397

電動工具は苦手だが、まあうまくいった。。

これでライト側は付けるだけになったが、GSのヘッドランプのコードは、茶色と黄色。。

親しみのある赤白とか赤青にしてくれればいいものの。。。

多くの場合、茶色がプラス、黄色がマイナス

GSは逆で、黄色がプラスでした。



P1060399

H7ランプは上下の向きが決まっているので、上にささるコネクタの色を見れば、きっとわかるはず。。。

P1060398

ライトのコードは両方黒だが、この部分は赤と黒なので、例えば、バルブの下が赤なので、車両のコネクタの下が黄なら、その通りで、逆ならその逆ということになるのでは。。。

テスターで測るほどでもないと思うが、CANBUSにテスターあてていいのかどうかもわからない。。

取り付けの時に確認してみることにしよう!!

|

« SOLAM H.I.D. DC46W H7  | トップページ | 準備品3の組み付け »

H.I.D」カテゴリの記事

コメント

にっしゃんさん

暇つぶし的にできればいいのですが、
なんか、こういうことしていると、
他のことも忙しくなってきたり・・・
でもまあ、自分が好んでやっていることですからね。。

仕上がりは、ある程度、道具によるところが多いですよね。。
缶缶の穴開けの方は、ひどいものになりました。。

投稿: たーぼっく | 2011年12月22日 (木) 23時01分

なんかこう言う工作楽しいですよねェ
ワクワクしてきます。
 たーぼっくさんの穴一つに対しても工具購入、譲らない気持ちに参りました。
チャイナ製は取説通りの穴をあけてもカプラーが通らなかったんですよォ~、
ほら、言わんこっちゃない! って感じでした。

投稿: にっしゃん | 2011年12月22日 (木) 14時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 準備品1と2の組み付け:

« SOLAM H.I.D. DC46W H7  | トップページ | 準備品3の組み付け »