« H.I.D.装着② | トップページ | 一難去ってまた一難 »

2011年12月28日 (水)

ふり出しに戻る

気になっていた、ライトアッセンブリー内のケーブルコネクタの処理を手直しして、最終点灯チェックもOK!

ハンドルをどっちにきっても、なんの引っかかりもないし、クリアランスもOK!

でも・・あれぇ・・?

右側に張ったDCケーブルとバラストケーブル

フロントフォークと少しギリだけど大丈夫と思っていたら、ずっとメインスタンド状態での確認しかしていなかった。。

そう!

スタンドおろして、車両にまたがると・・・・

当然フロントフォークは沈むわけで、正立式のGSは、太い部分が上に上がってくる・・・

がぁ~ん!!

当たっとるやんけ!!

なんともしようがないのが、バラストケーブルのコネクタである。

そんなことを避けるために、バラストケーブルは上側、DCケーブルは下側というふうに、わざわざ幅を増やさない方向で配線していたのだが、コネクタの厚みのあるところが、ちょうどフロントフォークとのクリアランスが一番狭いところになってしまったのだ。

オイルクーラーの配管へつけるわけにいかないし、例え下側からでもケーブルが見えるのも避けたい・・・となると

ちょっとの変更では対応できず。

近々もう一度、一から配線ルートをやり直し・・!!

気づくのツーリングへ行く前でなかっただけでも、ましだったか。。。

|

« H.I.D.装着② | トップページ | 一難去ってまた一難 »

H.I.D」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふり出しに戻る:

« H.I.D.装着② | トップページ | 一難去ってまた一難 »