« 準備品3の組み付け | トップページ | H.I.D.装着② »

2011年12月23日 (金)

H.I.D.装着①

完成!と言いたかったのですが、

やはり、実車の前になると、いろいろ問題も出てくるのですが、いかんせん寒いのと、用事で、時間切れとなり、

結果としては、うまくいかなかった。。

まず、ロー側のキャップはずしてコードを見ると・・・

P1060418

なんと下側が黄、上が茶・・・・・

H7は、下側がプラスのはずなので・・・

BMWは、なのか、GSは、なのか、よくわからないが、どうも黄がプラスのようである。

とりあえず電源コードをつないで、点灯テスト&エラー表示の確認

P1060421

一応極性についてまとめておく

・バルブせっとして下側=黄=プラス

・バルブセットして上側=茶=マイナス

無事点灯!!

P1060422

日中の屋外でもこれだけ青い!


さあ、本番のチャコールフィルター作戦実施のため、右カバーをはずす。

P1060415

この穴開いたところにインシュロックを通して、缶をぶら下げるだけ。

とりあえず、仮組をしてみた。。

P1060423

予想通り、ピッタリ!!

減光ユニットも前のひっかけの裏側でバッチリ!

ひっかけの前側はコードのガイドとして使えそう。

P1060425_3

横側への出っ張りもなし!

しかし、若干ぐらつく。クッション性をかんじるグラツキより、やや大きく感じる。

理由は、どうもこの缶より、US仕様のチャコールフィルターの方が若干大きかったように思う。

後に、クッションテープ等で、当たり具合を調整する。

仮組状態でコードのルートをたどると・・・

どうも長すぎたり・・短すぎたり・・

今回はバラストtoバルブを前側にしているが、これだど延長ケーブルなしであと30cmくらい・・

ライト電源ソケットからの電源コードの方は、缶の後側からUターンしているので、50cmの延長コードでギリギリ届かない。これはグロメット付属ケーブルのそれぞれの長さが違うためでもある。

ということは、前後入れ替えれば、両方50cmの延長ケーブルでOKのはず。

ここまでの問題は、現場で対応できるのだが、とにかく寒かった・・・

そして、本日の作業断念の決定打が!!これ↓

P1060428

このOPのケーブル付グロメットというか、グロメットについているケーブルというか端子

P1060427

ささらない!!

なんでやねん!!どっちも同じメーカーのOPやん!

まあ、コチョコチョと、ほんといろんなこと準備して確認してきたつもりが、こんなつまらないことを見落としていた。。

圧着ペンチと端子類は家の中、時間も迫ってきたので、これにて終了。

P1060429

とりあえず、バラストtoバルブのケーブルと同じ長さにあうように、J-JとP-Jを組み付けた。

缶の前後の交換とクッションシールの追加、そして実長がわかったので必要ケーブルの準備をして、次回リベンジへ!!

|

« 準備品3の組み付け | トップページ | H.I.D.装着② »

H.I.D」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H.I.D.装着①:

« 準備品3の組み付け | トップページ | H.I.D.装着② »