« 脱・自制心 | トップページ | 電熱ソックスを使ってみて »

2012年1月24日 (火)

淡路1周ツーリング

1月22日 日曜日

今年2回目のツーリングに行って来ました。

いつものGSつながりメンバーの計5台で淡路島1周です。

■コース図

20120122_1

昼飯時は内陸部に入ったが、また元のところに戻って、道のあるところは海沿いをきっちりトレース。

実は2年前、四国の蒲生田岬への行き帰りで予定していたコースの淡路島部分であった。そういう意味ではリベンジツー達成!

淡路IC付近の内陸部で行ったり来たりしているのは、ナビ上で、立体交差を見誤って少し迷ったため。。(地図①)

朝、結構早くから準備したつもりが、電熱増えた分時間がかかり、相変わらず遅れ気味・・

Imgp6654

ねんねんさんとこのコンビニで待ち合わせするのも、あともう何回もないなのに、私の遅刻のせいでタッチ&ゴーになってしまった。反省!





Imgp6656

阪神高速の路面がまだ濡れていたので、さほど回復運行はしなかった(単にバイク汚れるのに抵抗しているだけ)が、一応onTIMEの8:30京橋PAに到着。

GL集団、ハーレーグループと、バイクもちらほら・・



しばしの談笑後、9時すぎに出発!



P1060708

路面こそウェットだが、予報と違い朝から!!





P1060711

淡路島の方もお天気よさそう!!





P1060712

京橋PAでゆっくりしていたので、淡路SAには寄らず、
そのまま東海岸を南下していく

今回も時計回りなので、午前も午後も日向を走ることができる。

津名までは混んでいるものの、そこそこのペースで、由良以南は快走できた。

P1060717

基本、海岸線を走るが、道なりでこういう感じのところも結構ある。





P1060718

で、また海に向かって・・・と繰り返すので
島の特に東南部分は、こんな感じで変化がある。

この淡路東半分をご一緒した方は、「淡路も結構走るところあるんや」と皆口を揃えて言うくらいツーリングには向いているコース




P1060722

11時、淡路に渡って(下道1.5H)ほどで大鳴門橋が見えてくる。(地図②)





Imgp6657

淡路の南の先っぽの道の駅「うずしお」で休憩

ほどなくADVを含むBM3台がやって来たので、全部でBMが8台
駐車場の方が「あと何台来るんや?」
「別グループなんでわかりませんんわ・・・」

そんなこんなで、ここでは大鳴門橋を見ながら、
たこの唐揚げをつまんだり、
ハンバーガーつまんだり、
おみやげも入手したり、
ゆっくりした。

ここからしばらくは、内陸部へ入り、西淡三原にある「かわらや」という瓦工場を目指す。

南あわじから三原の内陸部のルートはなかなかの快走路

ブルーベアさんは、所用にて西淡三原で離脱。
またよろしくお願いします。

まだ少し時間に余裕があったので、西淡三原付近の「おのころ島神社」へ少し寄ってみる。(地図③)

P1060728

かなりでかい鳥居!



そろそろおなかも空いてきたので、「かわらや」に向かう


P1060723

やってきたのは、ほんとたんぼの中の1本道



この少し先に瓦工場があって、さらにその工場の中に飯処がある。(地図③)

Imgp6660

名産の瓦を使った焼き肉で、淡路唯一の豚肉と淡路の野菜が食べられる。

ここは、培倶人にも載っていたところなので、一応予約を入れておいたが、我々含めて3組のみであった。

店主「12:50って言ったら、ほんまにぴったりに来はったなぁ!」

なんとなく、「道の駅うずしお」と「おのころ島神社」で、時間調整したことになったので・・・





Imgp6661

もともと瓦の乾燥室を改造した店内は趣がある。





Imgp6663

なかなか甘みのある肉で、脂身は見た目ほどあぶらっぽくもなく、おいしかった。野菜、特に淡路名産のたまねぎは、この豚肉のあぶらで焼くと甘みが増し、あっというまにたいらげてしまった。わさびしょうゆとしおがお勧め。

ゆったり食事し、14時半くらいに再出発!

さっき走った道で、また海岸線へ戻り、午後の部の西半分を走る。

遠くに見える大きな太鼓橋が気になり、行ってみることに・・・

Imgp6664

近づくと、単なる錆びた橋であった。。。(地図④)



バイクにまたがったまま写真を撮って、ここは早々に引き上げ、

淡路サンセットラインと呼ばれる西の海岸線を走る。

P1060746

なんかロケーションといい、道の具合といい、
ザ・ツーリングってかんじ!!(地図⑤)





P1060738

水平さん





P1060739

にっしゃん





P1060740

ねんねんさん

どうも全部シャッターチャンスをミスってしまった。。

西側を快走して、昔よく行っていた伊弉諾神宮に向かう。(地図⑥)

Imgp6665

久しぶりに行くと、駐車場とかトイレがきれいになっていた。





Imgp6667

実は、ここにお守りをお返しし、お参りするために、皆さんにお付き合いいただいた。



Imgp6669

この日は参拝客も多かった。



Imgp6668

「君が代」の歌詞にある巌(いはを=イワオ)が飾られていた。

ここでもゆったりして残り少し、北淡の道の駅あわじを目指す。

P1060749

ボチボチ本州?がはっきり見えてくるこの辺りが一番海に近く、強風の日は、波しぶきがかかることもある。この日は穏やかであった。





P1060753

明石海峡大橋が正面に見えてきたので、そろそろ淡路1周も終わり・・





P1060756

明石海峡大橋バックに記念撮影し、隣接の道の駅で休憩(地図⑦)





P1060761

さあ、後は高速のって帰るだけが、地図①のあたり・・・またまた帰りも少し迷った





P1060766

本州?行きは、意外に空いている・・・

休日の夕方は、橋渡ってからの渋滞が必至であったが、結局この日は渋滞もなく、スムーズに大阪に戻って来ることができた。

最後に、阪神高速の神戸線の料金所のところのPAで休憩

あともう少しで帰れるというちょっと前に、もう一度休憩する・・・

皆との解散のタイミング的だけでなく、

あともう少しのところでの休憩は

安全面でもかなり有効であると思っている。

久しぶりの淡路・・・日中は陽気も感じられるくらいのツーリング日よりであった。

ご一緒していただいた皆様、楽しいツーリングをありがとうございました。

またよろしくお願いします。

今回、電熱アイテムを4つ・・
いわゆる電熱フルコースでのツーリングであった。
特にソックスは初使用でいろいろとわかったこともあるが、
そのインプレはまた後日・・・です。。

|

« 脱・自制心 | トップページ | 電熱ソックスを使ってみて »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

今回も最高な企画ありがとうございました。
ほんとハズレなしです。
今回はお陽気までも〇でしたね。

淡路島もともと好きだったんですが今回は新たな発見♪ 
もっと好きになりました。
だって大阪から一番近いアイランドですもんねェ。
遠くも良いけど、この距離、安心して楽しめます。

ありがとうございました。

投稿: にっしゃん | 2012年1月24日 (火) 12時43分

お疲れ様でした。
この季節ならではの淡路島でしたね
後ろ姿を見ながら 全身こたつってどんな感じなんやろって 思ってました
また よろしくお願いします

投稿: 水平 | 2012年1月24日 (火) 20時04分

お疲れ様でした。
楽しいコースありがとうございました。
あそこから、一時間で帰れましたので昼食もご一緒したかった・・・・
(ー_ー)!!
半分しかご一緒できませんでしたがありがとうございました。
また、よろしくお願いします。

投稿: ブルーベア | 2012年1月24日 (火) 21時47分

残念でした〜。(T.T)
それにしても、良いお天気で何よりでしたね。(^ ^)v
4年前くらいですか、GSの納車の時に国道28号を走って、
大鳴門橋記念館まで行って、本四高速で帰って来ましたが、
淡路島の西側は、未だに走ってないですわ。(^ ^;)

投稿: とうちゃん | 2012年1月24日 (火) 22時31分

にっしゃん(今回からさんなしで!)

こちらこそありがとうございました。
路面がなかなか乾かないのは少し残念でしたが、
予報に反して晴れが早くなって、
結果1日中ツーリング日よりになってよかったです。
確かに淡路島は、なんかあっても高速にのれば、
1Hほどで帰って来られるので安心ですね。
もうひとつ橋を渡ると、やはり確実に1dayになりますからね。。

あっあの無人駅・・・冬はちょっと気候的に厳しそうですよ。。

投稿: たーぼっく | 2012年1月25日 (水) 00時18分

水平さん

お疲れ様でした。

全身こたつ・・・
日が昇ってからは温度計がずっと10℃近くを指していたので
ちょっと暑かったですよ。。(言ってやった!!)
道の駅うずしお~かわらやは電熱なし
昼飯後から伊弉諾神宮は下だけ
そこから帰るまで+ベストでした。
出先ではグローブが一番時間かかりますからね!

こちらこそまたよろしくお願いしまーす!

投稿: たーぼっく | 2012年1月25日 (水) 00時24分

ブルーベアさん

お疲れ様でした。
余裕持って無事帰還されたようでよかったです。
いやぁなかなか変わった食事処でした。
是非、においだけでもかいでいっても・・・(笑)

まあ、また次の機会、無理のない範囲で
一緒に走りにご一緒してくださいね。
よろしくお願いします。


投稿: たーぼっく | 2012年1月25日 (水) 00時29分

とうちゃんさん

前半戦は、ほぼ2年前の蒲生田岬の行きと同じコースでした。
淡路は極力R28を使わずに走るのがポイントかもしれません。
2年前のプランって、いくら朝早いからといっても
今回のコースプラス、徳島の奥+鳴門SKLでしたから
計画自体に無理があったと、今にしてしみじみ思います。
淡路西側は、ロケーションはいいのですが、
単調なので、飯後すぐだと眠くなるかもしれません。
次は、また是非一緒に走りましょう!

投稿: たーぼっく | 2012年1月25日 (水) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 淡路1周ツーリング:

« 脱・自制心 | トップページ | 電熱ソックスを使ってみて »