« オイル交換 | トップページ | ちょいメンテ »

2012年5月 1日 (火)

缶詰の缶

2011年12月に取り付けたHID

バラストを缶詰の缶に入れて、GSのUS仕様にあるチャコールフィルターの位置に取り付けて、バッチリだったのですが・・・

P1060436

この位置にうまく付いたのだが・・

先日のツーリング帰りにのぞいてみると・・・

P1080231

車両内側部分がサビだらけ・・・

たぶん、冬場の塩カルの影響だと思われる。

さらに、湿気と熱の影響で内側だけサビ、外側はきれいなかんじ

まあ中身込みで\98の缶詰の缶だったわけで・・

P1080232

とりあえず、また缶詰買ってきて、耐熱スプレーをかけてみた。

やや定着しにくそうだが・・

今度はこれで取り付けてみる。。

|

« オイル交換 | トップページ | ちょいメンテ »

ツーリング」カテゴリの記事

キャンプ」カテゴリの記事

オプション(車体装着)」カテゴリの記事

ナビ/マウント/電子機器」カテゴリの記事

コメント

ブルーベアさん

内側だけ塩カルがかかったと思っていたのですが、
確かに湿気と熱もありますね。
バラスト本体は、錆びるような素材では
ないので、かえっていらんことしてるような
気になってきました。。

投稿: たーぼっく | 2012年5月 2日 (水) 21時37分

やっぱり内側は、湿気が溜まるんですね。
私も、チェックしてみます。

投稿: ブルーベア | 2012年5月 2日 (水) 20時45分

にっしゃんさん

冬場の塩カルのことを忘れてました。
すぐに拭くとかしてたら、サビについては
たぶん大丈夫だったような気もしますが、
車両いろんなパーツって
そういう諸々も考えて作られていると
あらためてかんじてしまいました。

耐熱塗料の定着がやや心もとないので
別のトラブルがやや心配になっています。。

投稿: たーぼっく | 2012年5月 2日 (水) 19時46分

私もワンオフで出来立ての時は、完璧!って思っていても
後日見たら材料の選択ミスでこうなってた事あります。
私はバラスト裸のまま着けてますが本当はこうした方が良いんでしょうね。
やはり着けたっ切りじゃなくて点検は必要なんですね。

投稿: にっしゃん | 2012年5月 2日 (水) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 缶詰の缶:

« オイル交換 | トップページ | ちょいメンテ »