« 高速でのツアークロス3 | トップページ | 考えたね! »

2012年6月30日 (土)

オーディオミクスチャー2テスト

仕様がどのように変わったのか、実際に調べてみました。

P1080859

左が2、右が従来のもので、各コードの長さがかなり違う。

あと、2では、全ての端子がステレオプラグorジャックとなっている。


P1080860

出力、入力の並びも若干変更していた。

ステレオプラグ付きだが、やはりL(レーダー)はLchのみ
R(ナビ)はRchのみとなる。

但し、従来品のように片方を接続した際のステレオoutの片chのレベルが吸い取られるようなことはなく、L-R入力のソースは、どんな状況でもLRのバランスはくずれない!

片chずつの割り込みは相変わらず、もうひとつなところであるが、接続機器による音楽入力(ステレオ入力)のLRバランスの崩れは発生しない(全く気にならない)仕様になっている。これでかなり改善されることとなる。

概ね満足のいくバージョンアップであるが、気になったところは・・・

■自分の使っているセルスターのレーダーはSPから取り出してイヤホンジャックをつけているが、そのままだとレベル過入力となる。間に抵抗入りケーブルをつないで解決できた。

■ナビ入力指定のR入力は、ステレオoutのナビだとそのRchがミクスチャーのRchに出てくる。モノジャックのナビの場合はどうなるのか。。

出力レベルは、メーカー説明にあるように低くなっている。後段にFiOのアンプをつないでから、FMトランスミッターにつなぐことになる。
ビーコムのトランスミッターやFTM-10Sなら、アンプを通さなくてもいけるようである。

まあ、しばらくバイクとは別居生活なのだが、この辺りも一端全部はずしたので、元に戻すのが、これまた大変というか、億劫なものだ。。

|

« 高速でのツアークロス3 | トップページ | 考えたね! »

ナビ/マウント/電子機器」カテゴリの記事

コメント

ganmodokiさん

お久しぶりです。
初代ミクスチャーをご使用とのこと。
サインハイス製のものなら、レベルが問題になることは
ないかと思いますよ!
各機器単体のボリューム調整、或いは
使っているヘルメットなんかにもよりますが、
おっしゃっている速度の倍でも問題なく使用できてました。
音楽プレーヤーに比べて、ナビの出力は機種によって
音量があがらない場合があるので、
小型アンプの使用がお勧めですよ。

投稿: たーぼっく | 2012年7月 2日 (月) 00時44分

こんにちわ。

私の場合、ナビとレーダーの2系統を初代のミクスチャで混合し、B+COMのオーディオトランスミッターで聴くだけBluetooth
に飛ばしてます。
80km/h程度までだと何とかなるのなるのですが、音量不足は否めません、聴くだけをB+COM Musicに買えてみようかとも思っているのですが、ミクスチャに原因があるのかもしれないですね?
できましたら実車でもインプレもお願いいたします。

投稿: ganmodoki | 2012年7月 1日 (日) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーディオミクスチャー2テスト:

« 高速でのツアークロス3 | トップページ | 考えたね! »