« 復活走行 | トップページ | スクリーンについて »

2012年7月18日 (水)

BC(オンボードコンピュータ)

GSの08モデルでは、初回リリースがBC付のプレミアムライン仕様
であったが、08年のセカンドリリースから09年の夏までの間、BC付きの設定がなかった。
また、この時期はプレミアムラインの設定もなかった。
一方、ADVの方は、ずっとBC付の設定があり、どうしてそのような状況だったのか不思議なところであるが。。

そんな状況でBC付に対して、ある種あこがれのようなものを抱いていたが、
BC無の方が、便利なところもあることがわかった。

BC付きの場合メーター表示はINFOボタンを押す事に
燃費計、残走行距離、外気温、平均速度、時計と切り替わるわけだが、
ODDとトリップA/Bの切り替えやリセットはメーターのボタンでの切り替えとなる。
BCなしの場合、このODDとトリップの切り替えは、INFOボタンでできる。
これが結構、便利なのである。
例えばトリップAを家を出てからの走行距離
トリップBをガソリン給油時にリセットなんて使い方をしていると、
走行中にA/Bを切り替えたいと思う時って意外と多いのである。
ADVでの日帰りなりA=Bってことは珍しくないかもしれないが。。

燃料計とは別に、給油してからどれくらい走っているかは気になるし、
今、家を出てから何キロくらい走ったかも気になるものだ。
残走行距離(RANGE)については、BCなしの場合、リザーブ領域に入ると
表示されるようになる。
つまり、リザーブ領域では、INFOボタンを押すと
ODD・トリップA・トリップB・RANGEと切り替わる。
これまでの慣れもあるが、この方が自分にとってが便利に思える。
但し、燃費計と外気温と平均速度はBC付でしか表示されない。
平均速度はGPSロガーでわかる。
外気温はかっこ悪いが、外付け温度計でもまかなえる。

ということで、燃費計さえ必要なければ、
使い勝手は、BCなしの方がいいように思う。
燃費計に魅力を感じ、外付けパーツがきらいなら、
やはりBC付がいいということになる。

好みの問題であるが、
これまで思っていたBC付の方が圧倒的にいいという考えは、
少し変わって、
必ずしもそうではないということかもしれない。。

|

« 復活走行 | トップページ | スクリーンについて »

R1200GS」カテゴリの記事

コメント

にっしゃんさん

どうもどうも!!
メーターにあるボタンは
一切触らず、こと足りていたので、
その操作に、やや違和感があります。
慣れの問題でしょうがねぉ。。

投稿: たーぼっく | 2012年7月19日 (木) 14時27分

こないだは おおきにでした。
 私はオレンジ君の時に
暫くINFOボタンでトリップ変わるの知らずにいて
手放す寸前に発見しました。
「へェ~、このスイッチでも変わるんだァ」って
ですので 黒いポッチに慣れてしまっていました。
使う目的はたーぼっくさんと同じ、
Aが給油時リセット、 Bが出発リセット でした。

投稿: にっしゃん | 2012年7月19日 (木) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BC(オンボードコンピュータ):

« 復活走行 | トップページ | スクリーンについて »