« Ztechnik Z2242 | トップページ | DriftHDとGC-XA1 »

2012年8月 3日 (金)

Drift HD

JVCのGC-XA1を使ってみたが、許容できない部分があり、DriftHDを使ってみることにしました。

P1090058

DriftHDの大きさ比較写真


P1090018

GC-XA1の方が二回りほど小さい

では、GC-XA1の受け入れられない仕様というと・・

・電源を入れると必ず動画モードになってしまう。

これだけである。

メーカーに改善できるか、問い合わせメールしたが、「あくまでもビデオとして開発してきたので・・・」とのこと。この時点で、もう使い続けることはないなと思ってしまったのである。

個人的には、写真モードで終了した際は、電源再投入時に写真モードのままで立ち上がってほしい。
もっというなら、
電源ボタンの長押しで電源ON、短押しで写真、
録画ボタンは動画のスタートストップ、
この仕様がベストだと思うのだが。。

こういう仕様になっているのがION Air Proなのだが、こちらは液晶モニタが付いていない。。

いつものように、人からすれば、それくらい・・・
或いは、よ~く考えてから動けよ!ってことである!!?

一方、DriftHDはモード保持なのである。

さらにさわってみてわかった便利なこととして、
電源ONはワンタッチ、電源OFFのみ長押し。
リモコンは、ちまたでレスポンス遅いとあるが、部屋で試す限りは、タイムラグをあまりかんじないレベルであった。
そして、なんといっても画角の広さ、それに周辺の歪み方はJVCのものより少なく、トーンこそ好みが別れるかもしれないが、画面への写り方においてDriftはさすがといえるレベルであった。

まあ、JVCの方は、とにかく小さいってことと、そのままで防水仕様ってことが最大の魅力。WiFi機能は、使用場所にもよるが、アウトドアを楽しむ田舎で考えると、iphone利用者以外(アンドロイド系利用者)にとってあまりメリットがないように思った。

Driftの魅力は、あれだけの広角でも歪み方をうまく処理していること。給電しながら使用できること。ワイヤレスリモコンが付いていること。レンズが回転して水平を調整しやすいこと。そして、豊富なOP類。外部マイクは必要だし、タリーランプの延長まであるのにはびっくり!

それぞれ一長一短のところはある。

あくまでも、私自身がバイクで使う場合を基準にすると・・・

P1090059

こちらがよかったということになった。

ただ、あの魅力的な画角は1920×1080にのみ対応であり、HDDの容量ばかり食うこととなり、PC的に燃費が悪いのである。。

|

« Ztechnik Z2242 | トップページ | DriftHDとGC-XA1 »

ナビ/マウント/電子機器」カテゴリの記事

コメント

ganmodokiさん

Driftいいですよね!
あのワイドなのに、周辺の湾曲を最小限にしているところ
なんて、ほんと感心します。
私は、まだ外で試していないのですが、
フォーカスについては、いろいろと排他的要素があるので
ある程度気にしないことにします。
次のツーで使ってみて確認しますね!

投稿: たーぼっく | 2012年8月 3日 (金) 23時39分

こんにちわ

先日、日本未発売のRollei BULLET HDっていうカメラを入手したんですが、これが大外れで
たーぼっくさんの記事を参考にして、二三日前にDrift HDをポチッてしまいました。
外部マイクが使えるのと、電源供給しながら撮影できるのがいいですね。
Drift HD無限遠でのピントが甘いという話を聞きますが、如何ですか?

投稿: ganmodoki | 2012年8月 3日 (金) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Drift HD:

« Ztechnik Z2242 | トップページ | DriftHDとGC-XA1 »