« 百井別れ | トップページ | Zテクニックのスクリーン »

2012年8月17日 (金)

比叡山~R477

もう暑さとか天気とか用事とかいろいろあって前回の走行からしばらくぶりとなりました。

復活後、走行2回でODDは645km

一気に慣らし終えるには、暑すぎるので、どこかに軽く・・・・

そうだ!夏の休日はいつも混雑の中国道で高度上げるところに!

ところが!

なんと!いつものところで渋滞7kmとの表示(世間はまだ盆休み)

File0003

阪神高速の淀川のところ

今回、車載ではじめて使ってみたDriftHDでの写真

ほんと見た印象が実際のかんじに近くなる。
人は結構キョロキョロしているので、こういう広角の写真は
「そうそう、そこそういうかんじ!」って具合なのだ。
普通のワイドの写真では
「ああ、そこの写真や!」って具合で、
この2つの違いってなんとなくわかるでしょうかね。。

さて・・・

先日の災害で通行止めになっていた京滋BPが復旧していたので、
池田に向かっての空港線を豊中で降り、名神に乗ることにした。

名神もそこそこの交通量だが、止まることなく流れていた。

File0007

トンネルの中の写りもまずまず満足!

結局今回はこのようなコースを走った。

0816

100kmちょい走ってのんびり帰るつもりが
やはり250kmほど走ってしまった。
比叡山DW~奥比叡~ほぼR477で箕面に戻るコース


P1090069

比叡山の入口

やはり、ここは結構安くないだけあって、道が抜群にきれいだ!


P1090071

山頂付近にて
気温29℃・・一昔前なら暑いが、地上レベルで35℃が日常的な昨今からすると
かなり涼しく感じる。

パニアのサイドはキズ隠しよう反射ステッカー


P1090074

何人かがこの写真を求めて、ここへ来ていた。


P1090075_2

奥比叡に入ると日陰がやや多くなるので少し涼しい。


File0015

Driftのワイドで撮ってみた。。


P1090066_2

今シーズンのメーター周りはこんなかんじで完成!

左ハンドルに付けているのがDriftHDのリモコンstart/stopボタン

このカメラをそのまま反対に向けてみると・・・・


File0024

こんなかんじになった。

琵琶湖バックになるところは動画モードにしていたので、写真はこんな背景しかなかった。動画もまあまあいいかんじで撮れたような気がしている。。
動画モードにするとさらに横ワイドになって両手が入っていた。

比叡を気持ちよく走った後、帰り道どうしよっかなぁと思いつつ空を見ると、
北の方は、なんとなく黒い雲が・・・

R477~R367は北上せず、南下することに!


File0027

R477に向かう県道は見晴らしがいい!


File0030

この先R477に合流して、一端R367との共用部分を通り、すぐにR477との分岐があり、そっちで帰ろうと思う。

あれ?百井峠?きいたことある。
あの酷道で有名なところや・・・!
自分の感覚的にはもっと西にあると思っていたのだが、まさしく今自分は百井峠に向かっている。

ただ最初は結構な快走路なのである。

ほどなく細~~い、酷道になる。

File0035

杉林に囲まれた薄暗いところは露出不足であった。


File0050

路面自体はきれいなところもあるが、峠区間は道も荒れている。


P1090078

写真ぼけてしまったが、向かって右の坂の下が百井峠
今回はその百井峠からココへ来てUターンしてバイクを止めた。


File0065

酷道477は、狭路区間を抜けると、こんな快走区間があり、それを何度か繰り返しながら、西に進んで行く。


File0070

快走区間と狭路区間の比率は、スピードに差が出るので時間的には半々ってかんじ。


P1090083

峠区間は、少しひんやりしているが、適度な緊張感からすっきりとは言えず、快走区間は、日中は暑いので、ちょっぴり日陰で休憩

この看板につられて寄り道してみたが・・・

P1090086

とてもなだらかな棚田であり、あまりよくわからなかった。


File0076

京都縦貫を横切ってR477が少し北にそれるところは、K73にて


P1090092

ODDと燃費計
体感的にDOHCの方が燃費がよさそうである。

久々に走ってスッキリ!

今回、行きの名神にて、足にかなりの熱さをかんじた。なんとなく、ヘッドの下の大きめの黒いカバーのせいのように思える。特に右足が熱く、SOHCでは感じたことのない熱であった。

P1090067

あと、フロントまわりのグリスが結構はみ出てきていて、一部に飛び散って付着していた。黒樹脂バーツにつくと、白っぽくなってとれない。デグリースとプレクサスで、なんとか目立たなくなったが、いろいろとコスト削減の影響なのか。。

|

« 百井別れ | トップページ | Zテクニックのスクリーン »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

水平さん

お久しぶりです。
酷道といっても、この辺の国道ですから
そんないうほど恐ろしい道ではないですよ。
でも、車では絶対行きたくない道ではありました。
一方の比叡山は、ほんといつ走っても
整備されているきれいな道です。
平日のみしか走れないですがね。。

投稿: たーぼっく | 2012年8月18日 (土) 22時06分

百井別れって酷道で有名な所ですね
行った事無いけど ターポックさん同様聞いた事はありました

でもDOHCになってたとは

投稿: 水平 | 2012年8月18日 (土) 21時58分

ビーバーさん

ご無沙汰しています。
R477は結構近場の酷道ですね!
でもGSではそんな苦にならず通過できてしまいます。

来週の白馬、気をつけていってらっしゃい!

投稿: たーぼっく | 2012年8月18日 (土) 15時02分

ごろごろさん

ブログ訪問&コメントありがとうございます。

ボクサーエンジンは非対称ですよね。
DOHCに変わって右のエアインテークホースが
数ミリ後退しているのは、単にホースが長くなったのかと
思っていたのですが、エンジンそのものが少し後退したのかも
しれませんね。。
08R12GSでは、全く感じたことがない熱さだったので
びっくりしました。

投稿: たーぼっく | 2012年8月18日 (土) 15時00分

しばらく覗いていなかったら、DOHC化されててオドロキました!
R477は以前四輪で日吉から京都市内に向かう時に迷い込んでひどい目にあった覚えがあります。
ビーバー号も早や一年、14000キロに達しました。
来週末は白馬です。

投稿: ビーバー | 2012年8月18日 (土) 13時14分

初めまして。
いつも楽しく拝見させて頂いてます。
私、今年の6月にGSを購入しました。
乗って直ぐに右足が左足に比べて熱く感じたので車両の異常かと尋ねてみたら・・・
エンジンは非対称で右側エンジンが少し手前になっているからでは、とのことでした。

投稿: ごろごろ | 2012年8月18日 (土) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 比叡山~R477:

« 百井別れ | トップページ | Zテクニックのスクリーン »