« メッシュグローブその後 | トップページ | SLIKロアーⅡ »

2012年9月27日 (木)

MOTULの容器

ご存じの方も多いかもしれませんが、

MOTULの容器っていろいろ便利です!

この前オイルの継ぎ足しをする際、MOTULキャップの中が奥まっていて、なんか入れにくいと思っていたら、結構こぼしてしまった。

P1090582

左が純正鉱物油、右がMOTUL

缶のタイプは先が細くて、慣れればそのままで注ぎ込むことは問題なくできる。

一方MOTULはキャップ開けただけなら、なんとなく口が2重っぽくなっていて、そのままではなんともしがたい。

P1090584

HCの時の継ぎ足し用純正オイルを買う時、おまけでもらっていたこういうのが、いくつかあったので、これをいちいち挿す必要があるのか。。。
しかし、ちょくちょく継ぎ足すごとにこれを使い捨てるのも・・・

と思っていたら・・・

P1090583

キャップにこういうつまみがついている。

ちょっと引っぱってみたら・・・

P1090585

こんな風に伸びた!!

便利になってるやん!自分が知らなかっただけだった。。

キャップを一度開けて、もう一度締めてから、つまみを持ってグリグリと引っぱると伸びる。

他にも

P1090588

容器の横にこのような目盛りがついているので、どれくらい入れたかわかる。

缶の時は、ゆっくり7数えたら150ccとか、10数えたら200ccとか、そんなあいまいなかんじでやっていた。もちろんあらかじめオイルポットで、どれくらいの流量でどれくらいの時間で何ccか計ってからではあったが。。

GSのオイル点検窓の下限~上限が500ccなので、250ccほど足しておこうというような場合、とても便利である。
このボトル1つで、きっちり作業できるようになっていた。

恥ずかしながら先ほど、このことにはじめて気づき、1人で感動したのであった。。

MOTULさすがぁ~!!

ところで、GSのオイル注入口が右に変更したことによって、左手でボトルを持って入れることになってしまった。やはり右手で持って入れる方が、はるかに作業しやすいと、思うのだが。。。

|

« メッシュグローブその後 | トップページ | SLIKロアーⅡ »

工具/道具/ケミカル類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MOTULの容器:

« メッシュグローブその後 | トップページ | SLIKロアーⅡ »