« ゴリラ737のVICS | トップページ | クーリング?ベスト »

2014年7月22日 (火)

祝!小浜ー敦賀 開通と「とりやさい」

7月20日(日)

3連休の中日に日帰りツーリングに行きました。

今回は、はじめて走る道もありましたが、それが結構気に入ってしまい、 自分でいうのもなんですが、全体的にとてもよいコースでした。

■コース全体

201407201

これを反対時計まわりに走る大阪起点の全450km
・名神関ヶ原IC~農道~R303で木ノ本へ
・R365で今庄365経由敦賀へ
・敦賀~小浜はこの日に開通した高速で
・小浜からR162~県道+農道で
新御堂の先のトンネルへ戻る
走り応えもあり、立ち寄りポイントは涼しく、この時期お勧めコースである。


今回、いつものにっしゃん号と2台で、集合は名神の草津PAに9時だが、第一が混んでいて、第二の日陰に移動したり、到着してからナビとか無線をセットしてたり・・・
と出発は10時前になってしまった。。

名神をいつになくゆっくりペースで東へ進むと、多賀あたりから、ポツポツと雨が・・
走っている分にはあまり問題ないので、無線で相談しながら、当初の予定通りの伊吹PAまで、そのまま走ることに!


Rain1

伊吹PAに着いたとほぼ同じく雨が本降りになってきた。
「カッパ着る?」
それともいっそうのこと
「もうこのまま大阪に帰ろうか・・」
なんて話しながら、雨宿り。

到着時、PAにいたバイクは我々だけだったが、何台かが同じように雨宿りで入ってくる。
・すぐにカッパを着て出発する人
・我々のようにうだうだしゃべっている人
そういう方との会話で
「どちらまで行く予定ですか?」とにっしゃんがきかれた。
が、にっしゃんは、なんとなく行くところを知っているがこの時点でどこに向かうかは、たぶん「???」である。

ところで、私自身も「どこまで行きます?」ときかれて、「今日は○○まで」
ときっちりと答えることもできないのであった。

そう!私のツーリングの場合、あまり目的地がはっきりしないのである。
伊吹山でそうきかれたら、次は木ノ本、でも今日の行き先は・・
今庄?いやいや敦賀?小浜?ってことである。
だいたい大阪から木ノ本行くのであれば、米原から北陸道でいくか、琵琶湖の湖西からまわるか、が一般的であり、そもそも東向きの伊吹PAにいるってこと自体が不自然なのである。

バイクを通して、キャンプとかグルメとか、名勝めぐりとか、いろんな楽しみをするということより、自分の場合、バイクに乗って走っているのが一番の楽しみで、それを最優先にしている。
つまりバイクを使って楽しむというより、バイクそのものを楽しむ!ということで、今の時代は少数派であろう。。

そんな話もしつつ・・・
雨足はなかなか弱らない・・・




Cimg1375

ずっとこの向きで腰掛けていた

しかし!

ふと後ろを見ると・・・


Cimg1377

おお!!なんと!晴れがすぐそこまで来ている!
180°反対の視界は、天気まで180°違っていた!!

さらに、雨雲レーダーとにらめっこしてると、もうすぐ止みそうだ!
と、かすかな期待を持つと・・・ほどなく、太陽が照ってきた!!




File0130

3,40分ほどのロスタイムがあったが、もちろん雨合羽など着ずに出発!

関ヶ原ICで降りて農道を走る!


File0137

いきなり新幹線が隣を走ってなんとなくうれしい!!




File0143

左右の視界が広がる開放感!




File0148

ツーリングマップルにも書かれていた「平野部の一番端の高台を通る道」に入ると、茶畑と眼下の町並みのコントラストがいい!!
この辺のは揖斐茶というらしい・・・
「オシム監督に飲ませたいお茶や!?」
なんて、ひとりダジャレつっこみしながら、ゆっくりと走る!






File0149

平野部を見下ろしながら走る道は気持ちよかった!




File0151

高台の農道も終わり、R303への合流に向かう




File0152

山の見え方が近畿と少しかんじが違って新鮮!




File0154

さっきの雨がうそのように、絶好のツーリング日よりになった!




File0156

R303も車がほとんどいない!




Cimg1379

何年か前、クラブ東海さんと一緒に立ち寄った道の駅で休憩




Cimg1381

もう、どっち向いても快晴!




File0170

その後も交通量はほんとうに少なく快適!




File0175

標高もそこそこあるようで、この区間全てが涼しいところもGOOD!




File0176

滋賀の平野部に戻って来ると、やはり暑さを感じるが、ロケーションのよさがそれを忘れさせてくれる。




Cimg1382

13時前、予定より1時間ほど遅れだったが、ランチタイムに間に合った!!




Cimg1383

最近の念願になっていた「とりやさい」
これにラーメン1玉を追加してちょうどお腹いっぱいになった!




File0185

昼食後は、R365で高度をあげつつ、北上する




File0196

R365は久々だが、やはりいい道だった!
そして、ここもガラガラである!!




File0199

地図ではほとんどまっすぐに見えるが、途中にクネクネ区間もそこそこある




Cimg1385

あっという間に今庄365(スキー場の名前)に到着!

バイクを止めてよこに腰掛けられるいい具合の日陰を見つける




Cimg1389

予定では、ここの温泉にでも入って、そばでも喰って、15時開通の敦賀に時間合わせをしようと思っていたが、ここまで、ほんと快適で、うだるような暑さがなかったし、朝の準備や雨宿りなどで、都合1Hほどおしているので、温泉はパス。また、昼のとりやさいもボリュームがあったので、そばもパス。




Cimg1393

まあ、日陰でボーっとしていると、景色と風があまりにも気持ちよく、このままいつまでもいてもいいようなかんじであった。




File0209

15時前、敦賀に向けて出発!




File0210

数年前に出来たトンネルのおかげで、敦賀まではあっという間!

敦賀に着き、新しいICは・・・?
案内板は「北陸道 敦賀」としかない!
「舞鶴若狭自動車道」という案内はどこにもなく、ICの周りをくるくる走りながら、確認していると、あれよあれよと渋滞がはじまった。
結局、ICの入り口は1つしかなく、そこから中に入ると、料金所を越えてから、ようやく「舞鶴若狭自動車道」という表記を見ることができた。

大渋滞の中、バイクの利点も使いつつ、トロトロと走っていく・・・

人のことは言えないが、開通のタイミングで通りたい人って、結構いるんだ・・!



File0219

トンネルの中は、新築のビルと同じにおいがする




File0234

右手に三方五湖が見えてくると、区間唯一のPA、その名も「三方五湖PA」

当然寄ってみるが、満車!
あふれている状況だったが、運良くバイク置き場が空いていた




Mikata1

三方五湖を見る展望広場みたいなところもあった




Mikata21

いろいろとおみやげを買って出発!




File0235

できたてのPAまでが混んでいて、それ以降は流れもスムーズ!



File0240

小浜で高速をおりると、そのまますぐR162に入る




File0244

この時間帯のR162の雰囲気がなんとなく好きなのである




Cimg1403

途中、にっしゃん号の給油タイミングで、日陰にて休憩!
この川沿いも風が心地よかった!

R162~F19とつないで、いつものR477で戻る




File0252

ここまで来ると、もう帰ってきたような感覚





File0260

出発前、イメージしていた距離より100キロほど少なく、陽のある内に大阪に戻って来た。
まあ、単に100の位の足し算を間違ってただけなのだが・・・

このコースは、先にも書いたように、大のお気に入りのひとつになるコースになった。途中には、食事処の候補も温泉も複数あるし、暑さを避けることができる道が続くのである。

また今回、初めて!ちょっと燃費を気にして走ってみた。
ペースを少し落とし、帰った時のBCでは19.6km/L
いつもより、2.0ポイントもよい数値であった。
RANGEも190kmと余裕の1タンクツーリング!!






File0189

梅雨も明けて、これからしばらくは避暑を探し求めるツーリングとなるが
安全に楽しんでいきたい!

今回もご一緒いただいたにっしゃんに感謝!!

|

« ゴリラ737のVICS | トップページ | クーリング?ベスト »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

にっしゃんさん

伊吹PAから、帰らなくてよかったです。結果的には、あの雨で暑さも和らいでいたのかもしれませんね。
梅雨明けと同時に暑さのレベルが、何段か上がったような、
ここ2、3は、ほんまくそ暑いですもんね!
次はもっと標高上げないと、ですね!

投稿: たーぼっく | 2014年7月24日 (木) 13時28分

おはようございます。
一時はどうなるかも思いましたが
結果、今回も最高な一日になりました。
ありがとうございました。

東海地方の路ってなんか新鮮で良いですね。

投稿: にっしゃん | 2014年7月24日 (木) 09時22分

ブルーベアさん
最初の高速での雨には参りましたが、
その後は、ずっと快晴で、気温もさほど高くなく快適でした。
三重北部から岐阜は、紀伊半島とか
中国山地とかとまた違う雰囲気があって、関西人にとっては新鮮です。
またよろしくお願いいたします。

投稿: たーぼっく | 2014年7月23日 (水) 11時17分

いつなもながら、ナイスコースですね・・・(^^)v
「とりやさい」旨そうですね!!
また、つれってて下さい・・・<(_ _)>
また、よろしくお願い致します。

投稿: ブルーベア | 2014年7月23日 (水) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝!小浜ー敦賀 開通と「とりやさい」:

« ゴリラ737のVICS | トップページ | クーリング?ベスト »