« 1,000km点検 | トップページ | オニオンロード »

2015年1月25日 (日)

アンテナ延長

ナビ・レーダー・音楽・アマチュア無線、これら全ての運用方法については、いろいろ翻弄されながらも、最初に考えたプラン通り実現しました。

また、各機器の搭載方法についても、当初の予定通りにできています。

ただ、ひとつ気がかりなのは無線機のアンテナ・・・

無線をずっとしている方は、バイクにも当然!結構大きなアンテナをつけているが、まあ仲間との通話であれば、ハンディのアンテナで十分と思っている。

ただし、無線機が外にあって直立できている場合・・・

今の状態は、小指大のアンテナにしてハンドルバッグに押し込んでいる。

SR-10への影響なんかもやや気になりつつ、そのまま使っており、実際同じ道を走っているのであれば、少々見えなくなるくらい離れても特に問題ない。
しかし、見通し外になると途端に、飛びが悪いようにかんじる。
もう少しいってくれるかと甘く考えていたが、小さな一山隔てても通じない。。

空冷の時のメーター横に直立させていた時と明らかに通話距離が短くなっている。

ということで、アンテナを外に出して立てることを考えてみた。

無線機本体はハンドルバックの中というのは変えないので、外に出すアンテナもハンドル敷地内でなんとかしたい。。

ということで、物は試しで準備したのは・・・

Cimg3846

コードが2mのものしかないのだが、クリップは結構小型でかつ強力!

Cimg3847

アンテナは手持ちのもので一番細いもの!

で、これをPTT_SWのプレートアダプタにクリップではさんで、一応落下防止のために、インシュロックでとめるという作戦!

角度を変えられるので、少し寝かしてやると、どこに当たることもなく、視界や操作の邪魔にもならずに済んでいる!

と仮付けテストまでしたが、写真を取り忘れてしまった。。

実際にテストしてみてだが、少しでも飛び(受信も)が改善されれば、いいのだが・・・

|

« 1,000km点検 | トップページ | オニオンロード »

無線関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンテナ延長:

« 1,000km点検 | トップページ | オニオンロード »