« 1万キロ点検 | トップページ | リアブレーキ »

2015年11月12日 (木)

PRIMUS P-541 修理

バイクキャンプに持って行く小型のランタンP-541の点火装置が作動しなくなりました。

Pb040293

先日のキャンプツーの際、着火スイッチが一瞬バカになって、パチパチしていたら、また効くようになったのだが、その後火花が出なくなった。

サイドが網状ってこともあって、ガスを出してライターを近づけると使用できるのだが、本来の機能が使えなくなるのは、どうも今一。。




P1130934

ちょっと調べてみたら・・・

ちゃんと、着火装置のみ部品で販売されていた。




P1130933

本体に付いている2つのネジをはずすとバラすことができる。




P1130935

左が元々ので、右の新品も同じように線を曲げて長さをだいたいそろえた。

バラしてわかったが、作動しなくなった着火装置は白い筒の中で断線していた。

元に戻すネジ締めにやや手こずったが、修理完了!

このP-541は非常に小型な反面、やはり光量的にはもうひとつかなと思っていたが、先日、ガスを普段のGではなくUを使ってみたところ、見違える明るさになった。ただ、その直後に故障したので、因果関係はわからないが、少し気になるところでもある。

|

« 1万キロ点検 | トップページ | リアブレーキ »

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PRIMUS P-541 修理:

« 1万キロ点検 | トップページ | リアブレーキ »